« TC-K5ワウフラ発生! | トップページ | ダイソーのハイポジテープ大量発見 »

2015年2月15日 (日)

ナガオカのカセットテープ使ってみた。

噂には聞いていたナガオカのカセットテープを見つけました

2015_125

なんとも愛想のない外観。
白い不透明なハーフにはラベルが最初から貼り付けてある70年代ふうデザインです。
必要以上に大きな分数表示とA面B面表示に想定しているユーザー像が想像できます。

2015_126

レーベルにはMADE IN JAPAN とありますが、テープも国内生産なのでしょうか?

2015_127

レーベルの裏側は真っ白け。

2015_129

徹底してコストダウンを図っていますが遮磁板はしっかり装備。
ヘッドが接触する部分のパッドは大きめです。

2015_131

さて音質のチェック。
なかなかの性能とのことなのでバイアスはノーマルで
録音しました。
ソニーは中低音が厚くてやや高音不足。
バイアスが深すぎる印象です。ローにして追試。
テクニクスはノーマル(デッキの表示ではミッド)がちょうどいい感じです。
高音も低音もよく出ていてソースと同じようなバランス。
ただなぜだか高音がすこし荒っぽい。
もうちょっとバイアスを深くして高音を落としたいところ。
バイアスをローにして追試をしたソニーも同じ印象。
高音がザラつく感じで、どうもクセのあるテープみたいです。
ところがソニーでバイアスをローにして録音したテープをテクニクスで再生すると、高音がほどよく丸まって聴きやすくなります。
録音したデッキで再生するということでいえば、テクニクスがいちばんソースに近いバランスで、ソニーは中低域重視か高音重視かはソース次第というところ。
野趣のあるおもしろいテープです。


にほんブログ村


オーディオ ブログランキングへ

« TC-K5ワウフラ発生! | トップページ | ダイソーのハイポジテープ大量発見 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1900277/58947950

この記事へのトラックバック一覧です: ナガオカのカセットテープ使ってみた。:

« TC-K5ワウフラ発生! | トップページ | ダイソーのハイポジテープ大量発見 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

ランキング参加中

  • 応援よろしくお願いします。





無料ブログはココログ